あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2022年11月28日(月)
 今日も通勤のJR線でトラブル発生。このところ出勤日は毎日なので、シャレならん。

 21日(月):朝、乗車した快速が立花駅で人身事故。70分遅延。
 22日(火):朝、乗車した快速が緊急停車。踏切確認。3分遅延。
 24日(木):夕、京都線・神戸線で遅延。踏切確認。5分遅延。
 25日(金):朝、環状線橋桁に車接触、遅延。夕、京都線・神戸線で異音感知。15分遅延。
 28日(月):朝、環状線西九条駅で線路内火災発生、乗っていた列車が運転抑止。40分以上遅延。←New!

 明日は何が起こるんやろなぁ。(しろめ


2022年11月27日(日)
 原稿作業期間中ではありますが、朝に少しだけ鳥撮り。よく考えたら3週間ぶりでした。


コガモの雌? エクリプスではないよね? 翼鏡の緑色が鮮やかです。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/1000秒 トリミングあり



セグロセキレイ。かわいい。この川の周辺では昔から割と数が多い印象。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/1600秒 トリミングあり



キセキレイ。かわいい。日陰でコントラスト低いですが、至近距離で撮らせてくれました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/640秒 トリミングあり



アオサギ。大きいせいもありますが、毎度のことながら存在感がさすがです。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/640秒 トリミングなし



スズメ。嘴が一部まだ黄色い、若い子。かわいいね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/1000秒 トリミングあり


 原稿は、一応進んでおりますが、予定よりも遅れてます。やはり頁数を減らさねばならないのか。うむぅ。


2022年11月26日(土)
 親父が長らく使用していたスマホを機種変更したのが、先日22日のこと。 各種設定の引き継ぎをauショップの人に全てやってもらったとかで、特に心配はしていなかったのだけど、どうやら余計なアプリがてんこ盛りに詰まっていて、動作が遅くなっている様子。 たまたま姉貴が今日遊びに来たので、Android機を使い慣れてる姉貴に任せて設定の見直しをしてもらっているところ(現在進行形)。 auアカウント関連のアプリならともかく、80代の年寄りがやることは無いであろうゲームとかまで入れてんなや。迷惑だ。

 今日は資金の都合で愛知県内を飛行したブルーインパルスを見に行くことができず、結局自室に引き籠もってずっと原稿を描いております。 進捗は相変わらず芳しくないけど、明日も今日と同様に原稿の作業に専念するつもりなので、とにかく頑張ろう。


2022年11月25日(金)
 今週の JR線 で遭遇した遅延事象一覧。

 21日(月):朝、乗車した快速が立花駅で人身事故。70分遅延。
 22日(火):朝、乗車した快速が緊急停車。踏切確認。3分遅延。
 24日(木):夕、京都線・神戸線で遅延。踏切確認。5分遅延。
 25日(金):朝、環状線橋桁に車接触、遅延。夕、京都線・神戸線で異音感知。15分遅延。

 それぞれの原因は特に珍しくもないのだけど、今週はそれらが毎日毎日どこかで通勤時間と重なって、非常にしんどい思いをしました。 片道2時間の通勤途中で、交通が乱れるのは本当に疲れるのよ。勘弁してよ。


2022年11月24日(木)
 サッカーW杯の 日本−ドイツ戦 、興奮しましたね! 凄かったですね! まさかあの流れで逆転勝ちできるとは! 歴史的大金星に浮かれて深夜一人部屋で大騒ぎして、今日職場に持っていくべき書類一式をすっかり忘れていったワタクシでございました。 今日が祝日にならないのが不満といえば不満。次のコスタリカ戦も頑張って!


2022年11月23日(水)
 勤労感謝の日だか何だか知りませんけど、特に誰からも感謝されることなくただひたすら原稿の下絵で苦しんで終わった、比較的強い雨の一日でおました。

冬コミ新刊は例年通り『COLORFUL CYAN !』の新作で行く予定ですが、11月いっぱいで必要な下絵が全て仕上がらなかった場合、他の内容の本に差し替える可能性があります。 今は、目先の下絵を頑張っていかねば。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 11月20日付日記に掲載した オリオン座大星雲M42/M43 の写真を、また少し色調補正。 ここまで細かく弄り始めると何が正解かわからなくなってくるわけですが、良いことなのか悪いことなのか、この天体は非常に色彩豊かで情報量が多いため、どういう風に弄っても「それはそれでアリ」という画像が出来上がってしまいます。


オリオン座大星雲M42/M43(2022年11月18日24時53分〜25時28分(JST))


Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2
f/8.1 ISO1600 30秒×12フレームをスタック 焦点距離1130mm相当にトリミング
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月22日(火)
 今日は人身事故は無かったよ! やったねたえちゃん!(おいやめr


2022年11月21日(月)
 今朝8時10分頃にJR神戸線立花駅で発生した人身事故で、私は事故を起こしたその当該列車に通勤のために乗っておりました。 幸いにも座席に座れた状態だったので体力の消耗はありませんでしたが、週明け月曜日の朝からこういう事態に遭遇すると、精神的なダメージが大きいです。 JR神戸線はこのところ毎日のように人身事故が発生していて、ちょっと嫌な雰囲気。 明日は何事もありませんように。


2022年11月20日(日)
 昨日は日中のお出かけの影響で原稿がほとんど進まなかったので、今日は自室に引き籠もってずっと原稿と格闘しています。 つーてもまだ、表紙絵の入稿用データが仕上がったとか、その程度の進捗なのですけどね。 鳥の写真も、天体写真もありません。うむぅ。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日付の日記に掲載した オリオン座大星雲M42/M43 の写真のデータを、処理し直してみました。 未使用の撮影データを30秒×2フレーム分追加して、総露光時間360秒分の画像を作成しました。 M42 の赤い HII領域 のさらに淡い部分の描写を改善できないかと目論んだわけですが、結果的にあまり変わらないものに終わりました。

 その原因ははっきりしていて、元の撮影データが1フレームあたり30秒しか露光していないことです。 使用した撮影システムでは、北極星が見えないベランダでの設置であること、赤道儀のガイドのずれを自動的に修正する駆動システムを使用していないことから、現状のままではこれ以上の改善は難しいと思われます。 ・・・となると、次にグレードアップすべき機材は赤道儀なのですけど、これがなかなか良いものが見当たらない。うーむ。


オリオン座大星雲M42/M43(2022年11月18日24時53分〜25時28分(JST))


Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2
f/8.1 ISO1600 30秒×12フレームをスタック 焦点距離1130mm相当にトリミング
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月19日(土)

護衛艦 DD-120 しらぬい

 今日は、神戸港摩耶埠頭で開催された「防衛・防災フェスタin兵庫2022」で一般公開された、護衛艦DD-120「しらぬい」に乗艦してきました(一般枠)。 2019年7月に大湊マリンフェスタ(大湊基地内)で乗艦して以来、3年4ヶ月ぶりです。 汎用護衛艦としては最新型ですので、久しぶりの神戸での艦艇公開ということもあってか、多くの見学者で賑わいました。 写真も色々撮ってきましたよん。


しらぬい艦橋横に設けられた、水上艦用機関銃架(遠隔操作型)。


主砲塔がある前部甲板の補修パッチ。こんな写真撮ってるの、おいらだけ。


主砲の12.7センチ速射砲の砲口カバー。しらぬいのエンブレム目当ての撮影者で大混雑。


艦橋周辺。今日の神戸は、穏やかに晴れた小春日和のお天気でした。


ヘリコプター格納庫内には、しらぬいの旗と艦これの不知火さんPOP。


ぬいぬい、拡大。


後部甲板には SH-60K哨戒ヘリコプター が展示されていました。


艦を降りるタラップの前に敷かれていた、不知火のマット。


いつもの救命浮環。


しらぬい艦尾。艦名の文字もきっちりとロービジです。


 会場の摩耶埠頭へのアクセスは、JR摩耶駅前から無料のシャトルバスが出ているのですが、私が到着した時には乗車待ちの行列が300m近く伸びていて、これ以上並ぶことはできないと整理のスタッフに告げられました。 歩くかタクシー拾えと言われたので(スタッフの人はけっこう苛立っていた様子)、迷っている時間ももったいないので、素直に歩きました。 摩耶駅前から摩耶埠頭の会場までは、約3km強。今日はお天気が良かったから結果オーライですけど、明日は天気が悪そうだから、明日の公開に行く予定の人は気をつけてね。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜、木星を撮影した後に、今季初めての星野撮影で オリオン座大星雲M42/M43 を狙ってみました。 光学系はそのまま、タカハシFS-128N。 今年3月初旬に購入した際にテスト撮影程度に撮ったことはある天体ですが、冬の天体を本腰入れて狙うのはこれが初めてです。 総露光時間は300秒と、抑え目に。


オリオン座大星雲M42/M43(2022年11月18日24時53分〜25時18分(JST))


Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2
f/8.1 ISO1600 30秒×10フレームをスタック 焦点距離1130mm相当にトリミング
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月18日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 この時期にしては比較的落ち着いたシーイングで、木星撮影。視直径もだいぶ小さくなってきました。


木星(2022年11月18日22時09分(JST))


Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain350 15ms PIPP で前処理した約2100フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月17日(木)
 今日の仕事は頑張りすぎたので、疲れた。明日は何があってものんびり行く。(行けるのか?)


2022年11月16日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 そろそろ木星の撮影好機も終わりかなぁ、などと考えつつ、曇ってしまった空を見上げる。 実は今日は、南中時刻過ぎに大赤斑GRSが正面に来る、絶好のチャンスだったんですけどね。 相変わらずの悪運で、その90分前に見事に曇りやがりましたわ。がっでむさのばびーっち! 悔しいので、当地では今季最良のシーイングだった先月15日の木星の撮影から、未処理だったデータを再処理して救済してみます。


木星(2022年10月15日24時05分(JST))


木星(2022年10月15日24時36分(JST))


Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain310 15ms PIPP で前処理した1400フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月15日(火)
 


2022年11月14日(月)
 ちょっと色々と愚痴りたい気分だけど、自重する。気合いが足らん、歯ぁ食いしばれ自分。


2022年11月13日(日)
 当初の天気予報通り、今日は朝から雨。 夕方のジョギングは、雨が上がった隙に何とかできたけど、その後も細かい雨が降ったり止んだり。 こういう日は鳥撮りも天体観測もできないから、ひたすら原稿の作業に没頭するしかないのだけど、それが今ひとつ進んでいないのが悩みどころです。

 エンジンがかかるのが遅いのはいつものことだけど、今回も予め言っておきます。頁数減ったらごめん。


2022年11月12日(土)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日は久しぶりの太陽面の撮影です(太陽はいつも「久しぶり」やな)。 いつもは撮影が楽なカメラレンズ(Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF))を使うのですが、今日は気が向いたので、先日皆既月食を撮影するのに使用した タカハシFC-100DL鏡筒 を選んでみました。


今日の太陽面 (2022年11月12日10時50分(JST))

Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (焦点距離910mm)
Thousand Oaks Optical社製太陽金属メッキガラスフィルター「TYPE2+」にて減光
f/9.1 ISO100 1/500秒 トリミングあり CaptureNX2、PhotoshopCS6 にて現像、レタッチ、モノクロ変換


 太陽減光フィルターは専用のものを調達済みで、日食の時などに対応できるように準備はしてあるのに、普段の太陽撮影に使っていないだけですね。 で、太陽撮影に久しぶりに使ってみて、使いにくい点を思い出しました。 真っ昼間のピーカンのお天気では、カメラのライブビューがよく見えないため、ピント合わせが難しいんですわ。 結局光学ファインダーで目視でピントを合わせて上の写真を撮ったわけですが、ピントの追い込みが少し甘かったかもしれません。

 太陽面中央右上寄りにいくつかの黒点群が見えています。 下側に東西に延びる最も大きなものは 3141群、その右上には 3140群、その左側にあるのは極々小さな 3145群 です。 3141群 がこのところ非常に活発な活動を見せていて、昨日は M1.2 の中規模フレアを2回、今日もこのカットを撮影する約2時間前に M1.1 のフレアを発生させています。 太陽の活動全般として見れば比較的静かな状態ですが、3141群の活発な活動は今後も要注意です。


2022年11月11日(金)
コミックマーケット101
12月31日(土)西地区”そ”−11a あるびれおCo.


 冬コミのスペースが確定しました。 『あるびれおCo.』は12月31日(土)西地区”そ”−11a です。 新刊は『COLORFUL CYAN !』の最新刊を予定しています。が、予定は未定。 原稿は現時点で「驚きの白さ!」です。 COVID-19感染拡大の状況次第かもしれませんが、当日は皆様に新刊を見て頂けるよう、頑張ります。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今夜の木星。シンチレーションが収まる時間帯が短くて、シャープさは今ひとつの写りになりました。


木星(2022年11月11日21時03分(JST))

Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain350 12ms PIPP で前処理した1282フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月10日(木)
 一昨日の皆既月食の話題にまだまだ浸かっていたい気分ですが、自重します。(何


2022年11月9日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜の皆既月食は全国各地で相当な盛り上がりを見せ、普段は月や星空を見上げることのない方々でも、興味を持って空を見上げて下さったようです。 そのような「ビッグイベント」に、Twitterに写真を貼るという形で多少なりともアピールできたことは、幸せな体験でありました。 報告用にスマホに入れておいた昨夜の写真(天王星食直前のやつ)は、職場のボスに見せたところ好評でした。良かった良かった。

 一晩明けて、昨夜撮影したデータをもう一度見直してみて、今日は改めて「ターコインズフリンジ」をきれいに描写できるよう、試行錯誤してみました。 昨日掲載した「天王星食直前」のカットも、画像処理をし直して、ターコイズフリンジっぽい色が浮かび上がってきました。 とりあえず3カット、載せておきます。


(2022年11月8日19時13分(JST))


天王星(左下の輝星)の潜入時刻直前(2022年11月8日20時30分(JST))


(2022年11月8日20時50分(JST))


Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + エクステンダーC2X (合成焦点距離約1820mm)
F18.2 ISO2500〜3200 1秒〜2秒 CaptureNX2、PhotoshopCS6 にて画像処理

 ターコイズフリンジは、地球の大気中のオゾン層を通過した光が月面を照らす現象だと言われています。 オゾン層は赤い光を吸収する性質があるので、その光で照らされた部分は青く見えるのだとか。 画像処理としては青色成分の強調処理ではありますが、肉眼で見てもその部分は赤の単一色ではないことが感じられました。


 最後に一枚、半影食が終わって月食の全ての行程が終了した時刻での、月の写真を貼っておきます。 昨年の月食の際も撮影しましたが、欠けた部分が極々わずかな「より完全に近い満月」です。


(2022年11月8日22時49分(JST))


Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + エクステンダーC2X (合成焦点距離約1820mm)
F18.2 ISO400 1/500秒 CaptureNX2、PhotoshopCS6 にて画像処理


2022年11月8日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日の皆既月食は、夕方に少し雲が出て天候の不安がありましたが、部分食が始まる頃には何とか晴れて、ひとまず想定通りの撮影をすることができました。 Twitterに逐一写真を上げていましたので、ここではその写真を少し拡大して、キャプション付きで改めてまとめておきます。


部分食開始時刻頃(2022年11月8日18時09分(JST))


皆既食開始直後(2022年11月8日19時16分(JST))


食の最大(2022年11月8日19時59分(JST))


天王星(左下の輝星)の潜入時刻直前(2022年11月8日20時30分(JST))


天王星(右端の輝星)の出現時刻直後(2022年11月8日21時20分(JST))


Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + エクステンダーC2X (合成焦点距離約1820mm)
F18.2 ISO800〜3200 1/250秒〜2秒 CaptureNX2、PhotoshopCS6 にて画像処理


 久しぶりの皆既月食、楽しかったです。ひとまず速報まで。


2022年11月7日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 明日、11月8日(火)の夕方から見られる皆既月食のタイムスケジュールをまとめておきます。 月の出の時刻で既に半影食が始まっている西日本の一部を除き、食の全行程を日本全国で見ることができます。 時刻は日本標準時で、観測地によらず日本全国で共通です。 東の方角の視界が開けた場所で観測しましょう。

時刻食の状況
17時00分.6半影食開始
18時08分.9部分食開始
19時16分.3皆既食開始
19時59分.2食の最大(食分1.364)
20時42分.0皆既食終了
21時49分.4部分食終了
22時57分.8半影食終了


 また今回の皆既食中には、月による天王星食が起こります。 天王星食自体はさほど珍しくないものの、皆既月食中に重なるのは珍しい現象だと言えるでしょう。 皆既食中に潜入(月に隠されて見えなくなる)し、皆既食が終わった部分食の状態で出現(隠された月から出てくる)することになります。 天王星の明るさは5.7等級で、肉眼で確認できる暗さの限界ギリギリです。 観察には双眼鏡か望遠鏡があると良いでしょう。

 天王星はかなり大きな惑星ですが、高倍率の望遠鏡を用いても光の点にしか見えないくらい距離が遠いため、天王星が月によって欠けていく姿をはっきり確認するのは困難です。 光の点が月の縁に隠され、反対側から出現するのを観察することになります。 日本各地の主要都市での天王星食の予報時刻をまとめておきます。

都市名潜入開始潜入終了出現開始出現終了
札幌20時49分13秒20時49分24秒21時47分30秒21時47分42秒
仙台20時44分32秒20時44分46秒21時31分57秒21時32分12秒
東京20時41分06秒20時41分21秒21時22分27秒21時22分44秒
大阪20時31分15秒20時31分27秒21時20分17秒21時20分30秒
福岡20時22分16秒20時22分26秒21時16分55秒21時17分06秒
那覇20時13分18秒20時13分31秒20時54分03秒20時54分17秒


 皆既月食の観測は、全行程を見ようとするとかなりの長丁場です。 風邪をひかないよう、防寒対策を万全にして臨みたいところです。 また夜の行動になりますので、少しの物音が迷惑な騒音になりかねません。 周辺の住宅への配慮を欠かさず、静かに楽しみましょう。


2022年11月6日(日)
 今日も天気は良かったので、早起きして鳥撮りに。でも今日は、成果は今ひとつ良くなかったです。 昨日が良すぎたかな。こういう日もあるさ、ねえ。 朝の散歩としては、暑くも寒くもなくて良い感じでした。


アオジの雌かな。全体的に淡い色合いで藪の中にいるから、かなり見つけにくい。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO1250 1/320秒 トリミングあり



キセキレイ。なんか丸いです。まんまる。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/1000秒 トリミングあり



コガモ。エクリプス明けの雄でしょうか。羽色がまだ整っていない状態。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/4000秒 トリミングあり



カイツブリ(手前)が泳ぎながらバン(奥の2羽)に近寄っていきます。「何こいつ?」という感じのバン。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/400秒 トリミングあり



バンの幼鳥。上の写真とは別の場所、別の個体です。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO640 1/320秒 トリミングあり


 そろそろ冬コミ新刊の原稿を本格的に以下略(まだ始めてなかったのかよ)。 今の体力と仕事のバランスで描き上げられる程度の薄い(物理)本にするつもりですが、作業を進めつつも、明後日の皆既月食の計画は少しずつ進めております。 とりあえず有給休暇は申請しましたんで、晴れてくれれば大丈夫かと。 問題は主機材に何を使うか、かな。なるべく大きい鏡筒を使いたいのだけど、運搬の問題でまだ悩んでます。うーむ。


2022年11月5日(土)
 一昨日の鳥撮りが少し早起きして正解だったので、今日も同じくらいの時間帯(というか仕事がある平日と同じ時刻)に起きるつもりが、うっかり寝坊してしまいまして。 あー今日はダメな日かもなー、とか思いながら機材を担いで出かけてみましたら、そんなことはありませんでした。 やはり秋は、鳥撮りには最高の季節ですね。むふふ。


ハクセキレイ、雄成鳥冬羽。川辺で撮影していたら、すぐ隣に飛んできた子。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/6400秒 トリミングなし



カワセミ(雄)。距離15mで絶好のポイントに立てたのはいいのだけど、全然逃げない。おいらは動けない。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/800秒 トリミングあり



しばらくして雌が1羽寄ってきた。というか、ずっとすぐ近くにいた模様。動かない原因はこれか。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/500秒 トリミングあり



雌が翼を広げた瞬間。右端にぼやけた姿が見切れているのは、雄の方。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/500秒 トリミングあり



川辺の遊歩道では今日もエナガがたくさん。忙しく飛び回るので撮影は簡単じゃない。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/2000秒 トリミングあり



エナガ、もう一枚。これはたぶん別の個体。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/4000秒 トリミングあり



藪の中のアオジを狙っていて見つけたのは、アトリだった。これはこれで善き哉。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/2000秒 トリミングなし



一昨日たくさん写真を撮らせてくれたジョウビタキの雄が、今日も。テリトリ把握。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/2500秒 トリミングなし



上空ではトビにハシボソガラスが激しい空中戦を挑んでました。いつまでも執拗に。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/6400秒 トリミングなし


 11月8日の皆既月食の「作戦立案」で原稿が進まない(ぉ)。 やはりベランダからは無理か・・・。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日付の日記に掲載した木星の写真を、少し色調調整。やり過ぎると何が正解かわからなくなってくるやつ。


木星(2022年11月4日21時00分(JST))

Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain330 12ms PIPP で前処理した1711フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月4日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日は、木星の南中時刻付近で大赤斑GRSが正面に来る、絶好の観測チャンス。 撮影してみたらシーイングはこの時期としては珍しく安定していて、最高の出来ではないにしろ、かなり良い感じの像が得られました。


木星(2022年11月4日21時00分(JST))

Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain330 12ms PIPP で前処理した1711フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年11月3日(木)
 土日は2週続けて外出していたので、鳥撮りは約3週間ぶりです。 ジョウビタキを初めとして秋冬の渡り鳥の姿が少しずつ増えてきましたので、今日はその辺を狙って、いつもより少し早起きして鳥撮りに出かけてきました。



今季初撮影のジョウビタキ(雄)。紅く色づいた桜の葉と並んで、色の対比がいい感じに。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO1600 1/1250秒 トリミングなし



上の写真の雄は、その後もたくさん写真を撮らせてくれました。近くに雌もいて、賑やかなひととき。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO1600 1/1250秒 トリミングあり



ジョウビタキ(雌)。上の雄と一緒にいた子とは別の個体かも。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO800 1/2500秒 トリミングあり



川にはキセキレイ。止まっている場所が日陰だったので、少し強いレタッチを。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/1600秒 トリミングあり



エナガ。シマエナガばかりが持て囃される昨今の風潮に異を唱えたい。本州のエナガも可愛いんだぞ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO800 1/1250秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日の月は、タカハシFS-128N鏡筒 を使って撮影しました。シーイングは昨日とさほど変わらず。


今日の月(月齢9.2)(2022年11月3日20時12分(JST))

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + エクステンダーC2X (合成焦点距離約2120mm)
F16.6 ISO400 1/200秒 CaptureNX-D 及び CaptureNX2、PhotoshopElements9 にて画像処理


 Twitterに上げた少し大きい画像は[こちら](別窓) FC-100DLよりも口径が大きい分だけ理論的な分解能は上ですが、FC-100DLよりも収差が若干多いため、像のシャープネスは口径の違いほどの差がありません。 むしろ像面の平坦性は FC-100DL の方が良好なので、月面のリム(縁)の周辺像は FC-100DL に軍配が上がるようです。

 取り扱いの容易さも含めて考えると、月面全体の直焦点撮影は FC-100DL がよりベターでしょうかね。


2022年11月2日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 仕事で疲れてヘロヘロになって帰宅、それでも晴れた空が呼んでいる、そんな感じの水曜日。 来週の火曜日には皆既月食がありますので、久しぶりに月を撮影して感覚を思い出してみましょう。


今日の月(月齢8.2)(2022年11月2日20時28分(JST))

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + エクステンダーC2X (合成焦点距離約1820mm)
F18.2 ISO400 1/200秒 CaptureNX-D 及び CaptureNX2、PhotoshopElements9 にて画像処理


 シーイングは、まあ、普通。3/5程度。 月全体の撮影ではいつも使っている FC-100DL鏡筒+エクステンダーC2X の組み合わせですが、よく考えたら来週の皆既月食はベランダから見えそうにないので、マンション内で別の場所に機材を移動して臨まねばなりません。 運搬の都合を考えると、FC-100DL よりは FL-80S改 の方がいいのかな。前回も前々回も FL-80S を使ったので、代わり映えがしないのが難点だなぁ。


2022年11月1日(火)
 11月です。 新刊の原稿の作業をいよいよ本格的に進めていかねばならない時期ですが、首都圏遠征が二週続いて、その疲れが今頃になって一気に来た感じです。 しかも今日は一日中雨が降って肌寒く、個人的に最も苦手なお天気。 こういう日は無理をせず、早めに寝てしまうのがいいですね。うん。

 月初の写真お蔵出しは、先月15日に撮影したノビタキ。 撮影した田んぼは、実はその日の午後に稲刈りがあって、ノビタキが集まれそうな稲は全て刈り取られてしまいました。


ノビタキの雌。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/4000秒 トリミングあり


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]